小林愛実 ピアノ・リサイタル 2024

自主事業

       
開催日時:2024年3月8日(金)
開場:18:00
開演:18:30
場所:都城市総合文化ホール
大ホール「きりしま」
料金:全席指定
4,500円(当日は500円増し)
U-25 2,500円(25歳以下・要身分証・当日座席指定)

【お得な券を設定しました】
2枚以上購入で1枚につき500円引き(U-25は対象外/前売り販売のみ)
お問合せ先:都城市文化振興財団
TEL:0986-23-7190

印刷する

チケットお取り扱い

MJチケットクラブ先行販売

販売開始日■MJチケットクラブプレミアム会員
2023年10月28日(土)10:00~(初日は電話・WEBのみ)
■MJチケットクラブ会員
2023年11月4日(土)10:00~(初日は電話・WEBのみ)
■MJウェブ会員
11月9日(木)10:00~

※チケットクラブ会員は年会費1000円、ウェブ会員は年会費無料。
 いずれもご入会はこちら 
プレイガイド都城市総合文化ホール(チケットカウンター、電話予約、インターネット予約・購入)のみ
時間は下記の通り
購入可能枚数4枚
会員価格なし

一般販売

販売開始日2023年11月11日(土)
都城市総合文化ホール■チケットカウンター
 10:00~19:00(水曜日休館) ※発売初日は取扱なし
■電話予約
 10:00~19:00(水曜日休館)
 MJチケット予約専用番号 0986-23-7190
■インターネット予約・購入  
 24時間購入可能。 ※発売初日は10:00~
インターネットチケット予約

チケット購入の流れ(手数料や期限)詳細はこちら
その他のプレイガイド■イープラス
 

■ローソンチケット 
Lコード:82680
 ローチケロゴ.jpg

■チケットぴあ 
Pコード:231-248
チケットぴあロゴ.JPG

購入可能枚数制限なし

チケットに関するご注意

※予約・購入後の変更は、一切出来ませんのでご了承ください。
※車イス席をご希望の場合は、事前に都城市総合文化ホールまでお問い合わせください。
※ご来場に際しましての注意事項の詳細は、鹿児島音協ホームページをご覧ください。
※駐車場には限りがあるので、ご来場の際はなるべく公共交通機関をご利用ください。
※不可抗力により、公演が延期・中止になる場合がございます。予めご了承ください。
※未就学児のお子様の入場はご遠慮ください。
なお、託児サービスを行っております。(詳細はこちら)申込締切2月23日(金)。但し定員に達し次第締め切ります。

イベント概要

060308aimi2.jpg
新たなドラマが始まる―
ショパン国際ピアノコンクール第4位の小林愛実
 
クラシック音楽の世界三大コンクールの一つで、5年に1度開かれる「第18回ショパン国際ピアノコンクール」(2021年)で見事4位に輝いた小林愛実。世界へ大きく羽ばたいた若手ピアニストが、ここ宮崎でリサイタルを開きます。
小林は山口県宇部市出身。3歳からピアノを始め、9歳で国際舞台に立ちました。14歳のときにCDメジャーデビューし、サントリーホールにて最年少で単独公演。リサイタルやオーケストラとの共演を重ね、国際的な音楽祭にも招かれ好評を博しています。2022年に出光音楽賞を受賞。
日本ピアノ界に新たなドラマを刻む実力を存分にご堪能ください。
 
 
<曲目>(予定)
シューベルト:即興曲集D935 op.142                        
******
モーツァルト : 幻想曲 ニ短調 K. 397 
シューマン : 子供の情景op.15                            
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22 
 
※演奏予定曲は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 
-------------------------------------
主催:宮崎日日新聞社/都城市文化振興財団・MAST共同事業体/鹿児島音協
 
<問い合わせ>
都城市総合文化ホール 0986‐23‐7140(9:00~19:00 毎週水曜休館)
鹿児島音協 099-226-3465(9:00~17:00 土日祝は除く) 
-------------------------------------
 
 
 

Profile-プロフィール-

小林愛実(ピアノ)
Aimi Kobayashi, Pianist

2021年10月、「第18回ショパン国際ピアノコンクール」第4位入賞。

3歳からピアノを始め7歳でオーケストラと共演、9歳で国際デビューを果たす。
2005年(9歳)以降、ニューヨークのカーネギーホールに4度出演、パリ、モスクワ、ポーランド、ブラジル等に招かれ、スピヴァコフ指揮モスクワ・ヴィルトゥオーゾ、ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ、ジャッド指揮ブラジル響などと共演。ポーランドには、「ショパンとヨーロッパ」国際音楽祭ほか、協奏曲のソリストとして度々招かれている。国内でも多数のオーケストラと共演し、サントリーホールをはじめ各地でもリサイタルを行い、高い評価を得ている。
2010年ショパン生誕200年記念に際して、ポーランド政府より「ショパン・パスポート」を授与された。
2015年(20歳)10月、「 第17回ショパン国際ピアノコンクール」に出場、ファイナリストとなった。
2017年7月には、モスクワ・フィルの日本ツアーでソリストとして迎えられ、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を共演している。
2018年8月には、ラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭に出演し絶賛された。
2020年3月には、チューリヒ・トーンハレ管とリストのピアノ協奏曲第1番を共演して好評を博した。

レコーディングは、2010年(14歳)「デビュー!」でCDメジャーデビューし、翌年セカンドアルバム「熱情」をリリース(EMI CLASSICS)。2018年ワーナークラシックスとのインターナショナル契約を発表。同年4月には、7年ぶりとなるCD「ニュー・ステージ~リスト&ショパンを弾く」をリリース。
2021年8月25日、ワーナークラシックスより最新CD「ショパン:前奏曲集 他」をリリース。レコード芸術誌で「特選盤」に選ばれる。

幼少期より多くのメディアから注目を集め、フランスのLCIテレビのドキュメンタリー、日本テレビ「深夜の音楽会」、テレビ朝日「題名のない音楽会」、NHK-BS「みんなのショパン」、NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」などテレビやラジオ番組にも数多く出演。2015年にはTBS「情熱大陸」にも登場して話題を呼んだ。

1995年山口県宇部市生まれ。8歳より二宮裕子氏に師事し、2011年桐朋学園大学付属高校音楽科に全額奨学金特待生として入学。2013年フィラデルフィアのカーティス音楽院に留学。マンチェ・リュウ教授に師事し研鑽を積む。
2022年3月、第31回出光音楽賞受賞。
今、世界的な活躍が期待できる日本の若手ピアニストとして注目を集めている。

  • 全てのイベント
  • 自主文化事業
  • 参加プロジェクト
  • イベントレポート
  • 終了したイベント
インターネット施設予約 インターネットチケット予約 友の会会員募集 隔月刊MJ お客様ご利用アンケート なのはな食堂 360度パノラマ
アクセス 駐車場のご案内 座席表 資料ダウンロード 快適な鑑賞のために

メセナ会員

住友ゴム工業株式会社宮崎工場 霧島酒造株式会社