• 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

市民参加型舞台製作事業 ドラマをつくる会スマイルみやこんじょ 第4回発表公演(試演会) ドラマリーディング「恋し都、響いて遙か」

自主事業

       
開催日時:2013年1月27日
開場:13:30
開演:14:00
場所:都城市総合文化ホール
中ホール「あさぎり」
料金:全席自由
入場無料(要整理券)
お問合せ先:都城市文化振興財団
TEL:0986-23-7140

印刷する

チケットお取り扱い

一般販売

販売開始日2013年1月6日
都城市総合文化ホール■チケットカウンター
 9:00~19:00
購入可能枚数制限なし

チケットに関するご注意
※4歳から入場可能

イベント概要

「おかげ祭り」への密着取材から生まれた創作脚本。

みやこんじょの夏景色が演劇に。

12月の第3回発表公演「ふちもふち/こめもこめ」を盛況のうちに終えた、スマイルみやこんじょが早くも第4回公演を行います。

劇作家の島田佳代(演劇集団非常口/鹿児島県伊佐市)と戯曲講座受講生は、
24年5月~7月にかけて「おかげ祭り」に密着し、関係者だけでなく、沿道の人々など多くの市民に取材をしました。
出来上がった脚本は、「おかげ祭り」だけではなく、私たちが愛すべきまち都城で、
ささやかながらもドラマティックに繰り広げられている、ごく普通の人々の暮らしが描かれています。

25年7月に本公演を開催しますが、それに先駆けて、入場無料のリーディング(台本を手に持って読む)公演を開催します。
主に聴くことで楽しむ今回の上演形式は、脚本をよりストレートに味わうことが出来ます。
脚本の良いところ、気になるところを、広く市民に問うための試演会の意味合いがありますので、
ぜひ多くの方にご来場いただき、アンケートにもどしどしご意見をお寄せ下さるようお願いいたします。


あらすじ

2042年、夏。
そこは、みやこんじょにある床屋「理容カワノ」。理容師の結は、亡き祖父の後を継いで店を守っている。
結のいとこ・和也は、ときわ通りに店を構える洋品店の二代目だ。おかげ祭りが近づき、「ときわ賑わい広場」の準備に追われていた。
夕暮れ時、蝉の声と共に理容カワノの扉が開く。
立っていたのは、結の友人・夏希だった。
一方、おかげ祭りで神輿を担ぐ直樹は、今年も理容カワノへ角刈りの予約を入れ、例年以上に張り切っていた。婚約者・ゆかの母親が初めて祭りを観に来ることになったのだ。
そんな中、和也の娘・菜緒子の行方がわからなくなる。ピアノ教室へ行ったきり、日が暮れても家に戻らないという。菜緒子を探すため、店を飛び出す結と夏希。
同時刻、神柱宮境内。
小さな菜緒子に出会い、声をかけたのは、直樹の婚約者・ゆかだった―。
おかげ祭り、ときわ通り商店街。
愛しい人々、恋しい町。
わたしたちの想いは時を越え、どこまでも遙かに響いてゆく。
力強い、神輿のかけ声のように。


脚本原案/楠原かずよ、丸山みどり、日高容子、内田敏幸
加筆・構成/島田佳代(演劇集団非常口)
演出/河野ミチユキ(ゼロソー)
 

主催/都城市文化振興財団・MAST共同事業体
助成/財団法人地域創造
平成24年度文化庁 地域発・文化芸術創造発信イニシアチブ

  • 全てのイベント
  • 自主文化事業
  • 参加プロジェクト
  • イベントレポート
  • 終了したイベント
インターネット施設予約 インターネットチケット予約 友の会会員募集 隔月刊MJ お客様ご利用アンケート なのはな食堂 360度パノラマ
アクセス 駐車場のご案内 座席表 資料ダウンロード 快適な鑑賞のために