• 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

平成30年度主催事業ラインナップ~地域貢献型事業編~

自主事業

お問合せ先:都城市文化振興財団
TEL:0986-23-7140

印刷する

イベント概要

平成30年度の都城市総合文化ホール主催事業のうち、地域貢献型事業をご紹介します。


 公演鑑賞型事業:良質な公演の鑑賞機会を提供することを目的とする事業
http://mj-hall.jp/performance/2018/04/h30-line-up-kansho.html
 普及啓発型事業:より広い層の地域住民に、舞台芸術に親しんでもらい、舞台芸術を普及させることを目的とする事業
http://mj-hall.jp/performance/2018/04/h30-line-up-fukyuu.html
◎地域貢献型事業:文化活動を通じて、地域社会の絆の維持や強化を図るとともに、共生社会の実現に資することを目的とする事業
⇒下記参照

 


・全て掲載された印刷物はコチラ⇒(H30ラインナップ.pdf
・4/1時点で発表できる事業のみ掲載しております。都合により、変更や中止となる場合もございますのでご了承ください。

・チケット発売日・料金等の詳細につきましては、決まり次第、ホームページやチラシ等でお知らせします。

 

6.3(日)
明日を変える[アート×福祉] セミナー&体験講座
「老いも介護も楽しくなる演劇的ヒント」
「介護と演劇は相性がいい」を合言葉に活動する、俳優で介護福祉士の菅原直樹さんを招き、認知症の人の言動を演技で受け止め心を通わせる方法などを伝える

 

6.17(日)
明日を変える[アート×地域福祉] セミナー
音楽とダンスが生む奇跡~違いを違いのままに~
違いを違いのままに」受け入れるアートの特性を、地域社会の中で生かそうとする活動えお続ける2人のパネラーのお話から、アートと地域福祉の新たな可能性を探る。セミナー終了後、希望者には体験ワークショップも実施。

300617morita.jpg300617numata.jpg

 義足の女優・ダンサー 森田かずよ        「おとあそび工房」主宰 沼田里衣 
                   

8.5(日)
デフ・パペットシアター・ひとみ『河の童』
ろう者と聴者が共につくる人形劇団の新作公演。宮崎出身の立山ひろみが脚本・演出を手掛け、「共に生きる」世界とは何なのかを描く。

300805defpa.jpg

 

8.26(日)
都城音楽村 2018
宮崎大学管弦楽団コンサート (仮)

都城に文化合宿を誘致し、文化のまちにしたいと不定期開催しているもの。入場無料で0歳から入場できる。クラシックの名曲を演奏予定で初めての方にも聴きやすいプログラム。

 

9.1(土)
映画 『LISTEN』上映会
「ろう者の音楽」を全編無音で視覚的に表現したアートドキュメンタリー。2人の共同監督によるアフタートークあり。

300901LISTEN.jpg

 

10.14(日)
盆地の音楽家シリーズ
都城圏域出身もしくはゆかりのある音楽家を紹介するシリーズ。今回は、ジャンルの枠を超え、ポップス・ジャズなどの多方面で活躍する音楽家たちが集結する。

 

11.9(金)~ 11(日)
都城市総合文化祭
絵画・写真・造形などの展示部門のほか、合唱・ダンス・ジャズ・器楽演奏などの発表部門があり、多くの市民が日頃の文化活動の成果を披露する。

 

12.2(日)
都城民俗芸能祭
市内の民俗芸能団体のほか、市外からもゲストを招いて芸能を披露する。

 

'19 1.20(日)
MJ流 新年の体験イベント
初春☆夢を描こう、踊ろう。
年の目標や夢を、様々な体験型ワークショップで表現できるイベント。
※国際交流イベント「ワールドフェスタinみやこのじょう」と同時開催。

 

【その他】
・障害のある人とない人が共に踊るダンスワークショップ

・聴覚障害者を主な対象とするダンスワークショップ
・地域に出向いて芸術鑑賞や体験の時間を届ける事業
   なども予定しています。

  • 全てのイベント
  • 自主文化事業
  • 参加プロジェクト
  • イベントレポート
  • 終了したイベント
インターネット施設予約 インターネットチケット予約 友の会会員募集 隔月刊MJ なのはな食堂 360度パノラマ
アクセス 駐車場のご案内 座席表 資料ダウンロード 快適な鑑賞のために